切削工具・超硬工具の特殊工具製作なら

8:00~17:00(土曜・日曜・祝日を除く)

0246-36-6667

切削工具とは

切削工具とは金属、プラスチックなどを対象に、求める形状にする為、削りだす作業で使用する工具の事を言います。イメージしやすいのは彫刻等でしょうか。一つの木材から、求める形に削り取って形を形成するイメージです。

彫刻で例えると、削られる側(木材)をワークと呼び、削る側(彫刻刀)が切削工具に当たります。この削る作業を切削加工と呼びます。

また、削られる側の材料(木材)を被削材と呼び、削る側の材料(彫刻刀)を母材と呼びます。

切削工具に用いられる材料(母材)は主に超硬、CBN、ダイヤモンド、ハイス材等が用いられます。いずれも削られる側の材料(被削材)よりも硬いものが選定されており、被削材により、母材選定が変わってきます。

切削工具の種類

切削工具はその用途により大きく形状が変わります。代表的な例は

・フライス加工

・旋削加工

に分けられます。

フライス加工はワークを固定し、切削工具を回転させることで研削する手法を言います。主に使われる工具はエンドミル、フライス工具になります。フライス工具は正面、横、溝、平面等様々な用途に合わせて種類を変えます。エンドミルの特徴、種類については下記リンクよりご確認ください。

フライス加工とは別に旋削加工は真逆のイメージです。ワークを回転させ、それに工具をあてる事で切削を行います。主に円形の製品に用いられる手法で旋盤加工とも呼ばれております。旋盤加工に用いられる工具(ホルダー、チップ等)をまとめてバイトとも呼びます。     フライス加工工具にも対応致しますが、主に弊社が得意としているのはこの旋削加工用の切削工具になります。

 

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せ・相談受付

0246-36-6667

フォームでのお問合せ・相談予約は24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

新着情報・お知らせ

2020/10/05
ホームページをリニューアルオープンしました
2020/09/28
お役立ち情報・お悩みQ&Aを新しく公開しました
2020/09/21
トップページを更新しました