切削工具・超硬工具の特殊工具製作なら

8:00~17:00(土曜・日曜・祝日を除く)

0246-36-6667

超硬工具とは

 

超硬工具とは主に切削加工などに広く使われてきた、超硬合金で出来た切削工具の事をさします。

人口金属の中でダイヤモンドの次に固い金属です。主に一般超硬、サーメット超硬に分類され、使用用途に合わせてお使いいただいております。

・一般超硬とは主成分である炭化タングステン(WC)に結合剤としてコバルト(Co)を加えて結合焼結させた合金です。一般超硬の中で材種がさらに細かく分かれるのは、他の炭化物を混ぜ合わせたり、粒子の大きさを変更したり、コバルトの量で靱性を変更したりすることによるものです。

切削工具用の超硬合金は使用用途に合わせて分かり易く大きく分けて3つに分類されます。

・P種 連続形切りくずの出る鉄系金属の材料に対して有効です。主に高強度な鋳鉄に対して有効な材種です。

・M種 連続形、非連続形切りくずの出る鉄系金属、または非鉄金属に有効です。主に鋼、ステンレス鋼、低~中強度鋳鉄、非鉄金属に有効な材種です。

・K種 非連続形の切りくずの出る鉄系金属、及び非鉄金属、または非金属に対して有効です。主に低強度の鋳鉄、非鉄金属、アルミニウム合金、銅合金、非金属に有効です。

それぞれのアルファベットの後ろに01~40までの表記(結合剤の含有量)があり、数字が小さいほど硬度が高くなり、靱性が低下します。

超硬材種早見表
※実際の使用方法、被削材により別の用途で提案させて頂く場合もございます。

使用分類記号の数字部の詳細情報
例:K10→10    M01→01

工具材料全体から見た一般超硬の硬度

 現在切削工具で扱われる材料の品質、種類は年々向上傾向にあり、現在では一般超硬よりも硬い材種としてCBN、ダイヤモンド、超微粒子超硬、サーメットなどが高硬度材種として幅広く認知されております。それぞれの材種の硬度については下記リンクにてご紹介させて頂きます。

超硬工具メーカー

 超硬合金を用いた切削工具(超硬工具)を代表するメーカーは以下の通りです。

・㈱タンガロイ(TUNGALOY)

・三菱マテリアル㈱

・ダイジェット工業㈱

・㈱MOLDINO(元、日立ツール株式会社)

・サンドビックツーリングサプライジャパン㈱

・京セラ㈱

・住友電工ハードメタル㈱

・オーエスジー㈱(OSG)

等が有名な超硬工具メーカーとなります。メーカー工具は非常にコストが安く、コーティング状態も優れている為、安定切削、安定供給が実現されております。ホルダーなども非常に安価で手に入るものが多いので、当社に御依頼頂く前に、メーカー工具をお試しいただいたほうが良いと考えます。

超硬工具の市場規模

 超硬工具の市場規模は約3000億円。切削工具市場規模で段違いの市場規模を誇ります(2位CBNは250億円)内訳はチップ関連が50%を占め、次いでエンドミルが18%、ドリルが14%となっております。

 CBN工具等の高硬度材の普及で一度は市場規模を縮小した超硬工具ですが、母材技術の発展により、耐摩耗性に優れた超硬工具が数多く発明され、現在では50%まで市場規模を拡大しております。

 年間検索数を見ても超硬工具はCBN工具に約10倍の差をつけ大勝しております。

 今後の市場動向は、新たな工具母材開発も行なわれていますが、供給量、価格がテーマとなり、超硬工具のシェア率を脅かすには当面先になる予想です。

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せ・相談受付

0246-36-6667

フォームでのお問合せ・相談予約は24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

新着情報・お知らせ

2020/10/05
ホームページをリニューアルオープンしました
2020/09/28
お役立ち情報・お悩みQ&Aを新しく公開しました
2020/09/21
トップページを更新しました