切削工具・超硬工具の特殊工具製作なら

8:00~17:00(土曜・日曜・祝日を除く)

0246-36-6667

切削条件

 ここでは切削条件に関する基礎知識のご説明をいたします。

 

・切削速度

切削時の加工速度。一般的には(m/min)で表記。

→切削速度を速くすると加工時間は短くなるが、切削温度が上昇

して工具の寿命は極端に短くなる。

※切削速度を20%上げると工具寿命は1/2に低下すると言われる。

 

・送り量

被削材が1回転した時に工具が進む量。

→送りを大きくすると加工効率は向上するが、面粗度は粗くなる。

 

・切込み量

切削時の切り込み量。

→切り込み量の変化は、寿命に直接的な

影響を与えないとされる。

→極端に切り込み量が小さくなると

コスリ現象により寿命は低下する。

→使用設備の動力が許す限り切込み量を

大きくする事が最適とされる。

 

・連続加工

切屑(切り粉)が連続的に排出される状態が続く切削。

→常時、被削物に切れ刃が接触している加工。

 

・断続加工

切屑(切り粉)が断続的に排出される切削。

→加工面に切り欠き部などがあり、断続的に接触している加工。

 

 

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せ・相談受付

0246-36-6667

フォームでのお問合せ・相談予約は24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

新着情報・お知らせ

2020/10/05
ホームページをリニューアルオープンしました
2020/09/28
お役立ち情報・お悩みQ&Aを新しく公開しました
2020/09/21
トップページを更新しました