切削工具・超硬工具の特殊工具製作なら

8:00~17:00(土曜・日曜・祝日を除く)

0246-36-6667

刃先詳細用語集

・切れ刃

切削工具の刃の部分全体の名称を切れ刃と呼びます。切削する際、実際に被削材と接触している面全てです。

 

・逃げ角

被削材と切削工具との間に隙間を作る角度です。切削抵抗を抑制し切れ味や寿命を向上させます。

 

・ブレーカ(Br)

切れ刃の上部に設けられる溝をさします。切削時に有害になる切りくずを切断、排出する為に設けられています。切れ味と寿命の向上が見込めます。

 

・コーナーR

切れ刃の強度を確保する役割を持ちます。被削材の面粗さを決める重要な要素です。製品によっては欠け防止になる事も有ります。

 

・角度ホーニング

刃先の強度を確保する為、シャープエッジに微細な面取りを施す処理です。チャンファーホーニングやネガランドホーニングなどが当てはまります。

 

・Rホーニング

角度ホーニングに対してこちらは刃先に極小のR加工を施します。丸ホーニング、ER処理などが当てはまります。

刃先名称説明用図面

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せ・相談受付

0246-36-6667

フォームでのお問合せ・相談予約は24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

新着情報・お知らせ

2020/10/05
ホームページをリニューアルオープンしました
2020/09/28
お役立ち情報・お悩みQ&Aを新しく公開しました
2020/09/21
トップページを更新しました